スポンサーサイト

  • 2015.05.11 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    史上初、人間の赤ちゃん卵で出産!。

    • 2015.04.09 Thursday
    • 08:14

    2999年4月1日、京都大学病院で男の赤ちゃんが卵の殻を破ってオギャ〜と誕生しました。これは田中夫妻の美麗さんが、妊娠10か月を経て卵でストンと産み落としたものです。今後の反響が注目されそうです。
    同病院担当の山中医学博士は「長年に亘り引き継がれてきた研究成果が、やっと実現しました。
    出産されたお母さま家系もご先祖から代々、ご協力頂きました。」とコメントされました。食事には必ず卵を欠かさず、また卵の殻は粉末状にしてフリカケたそうです。
    なお、卵は縦20cm、横15cm、直径16cm、体重2.855g。経過は良好で今後は注意深く見守っ
    ていくとの事です。これで安産に目途がつきました。なお、病院内では「エッグ王子」とニックネームを付けられ、興味と好奇の対象となっています。
    研究成果は英科学誌「ネイチャー」に近々発表予定です。


     

    坂本龍馬のスマホ

    • 2015.04.19 Sunday
    • 12:46
    坂本竜馬は慶応3年11月15日、京都河原町近江屋2階で中岡慎太郎ら同志と懇談の最中、いきなり刺客(見回り組、新選組?)に襲われ暗殺されました。時に32歳。
    その時、懐中にねじ込んでいたのが写真のスマホ。凶刃は胸から腹にかけてグサリ、スマホもほぼ真っ二つ。で、龍馬の鮮血が飛び散ってこびり付いていますね。
    呼び出しボタンに勝海舟や西郷隆盛、伊藤博文、板垣退助、徳川慶喜、愛人お龍など多士済々が読み取れます。
    今更、説明するまでもなく龍馬は幕末・明治維新を駆け抜けた風雲児です。なお、この血染めのスマホは近江屋女将が大切に保存し後世に残したものです。(個人所蔵)

    紫式部の肉声

    • 2015.04.19 Sunday
    • 13:01
    紫式部(生没年不詳)は平安中期の女流作家で歌人。有名な「源氏物語」は海外でも多数翻訳出版されています。歌詠み人としても小倉百人一首ほかに多数の作品があります。
    彼女の肉声は唐の3つの堅固な壺に十重二十重に封印され、京都大原の里で発見されましたが、1つは破損しており、もうひとつは取り扱いの不備で声が漏れて消滅、残るひとつは京都国立博物館や最先端企業のコラボで上手く音を取り出し、コンピュータに記録しました。


    写真:http://www.inspiration-gallery.net

     

    ロタ9で150億円大当り!

    • 2015.04.19 Sunday
    • 13:06
    ロト9でな、なんと一人で150億円ゲットしたスーパー富豪が誕生しました!!。
    自分の好きな数字をを選ぶ「数字選択式宝くじ」で1〜49の中から異なる数字を9ツ選ぶものです。1等は最高50億円ですが、1等が出ない場合はキャリーオーバーとして賞金額が積み重ねていきます。今まで5回の当りが無く150億円のキャリーオーバー発生、今回6回目で1等が3本出ましたが、何と当選者は一人で同じ番号を3枚買って独り占めしたものです。当てる確率は約1億3千分の1です。
    因みにアメリカではジャンボ宝くじ「メガ・ミリオンズ」で1等440億円、「パワーボール」では610億円が出ています。1枚の値段は1ドル(約120円)。


     

    三枚舌にご注意

    • 2015.04.19 Sunday
    • 13:27
    三枚舌は閻魔大王から特別に借り受けたシロモノ。この舌は名前を言えば誰でも知っている有名人のものです。人を騙す時は三枚舌を巧みに使い分けて、金、イロ、権力、名声など欲しいものをゲットするので用心が大切です。彼・彼女等の特徴は上品で如才なく、話をよく聞き、欲望を煽り信用されたと思ったらごく自然に取り入ります。騙す目的によってカメレオンの舌のように長く伸ばして心をギュと掴み毒で麻痺させます。だが、この舌は閻魔大王に抜かれたらおしまいです。
    あなたの舌ベロは大丈夫ですか、鏡で確かめましょう。

    極寒で凍りついた紅蓮の炎

    • 2015.04.19 Sunday
    • 13:30
    世界で一番寒い所と言われるロシア・サハ共和国のオイミヤコン村。場所は北極圏近くで人口は約800名ほどの田舎です。
    永久凍土の上にある村の最低気温はマイナス71.2℃を記録しました。
    だがこの冬、記録を大幅にぶち破る恐ろしい事態が発生しました。なんと村人が焚き火をしていた紅蓮の炎が極寒で凍りついてしまったのです。炎の周りは薄青く凍りつき、炎も薄赤く コチンコチンに。どんな化学作用が起きたのでしょうか。 温度計の底が抜けてしまったのです。 経験したことの無い寒さに縮み上がり、人間もペットや家畜も家で一固まりとなり、幸い一夜限りのことで何とかしのぎました。数日続けば全滅、凍死の危険がありました。ちなみにロシアの南極観測基地でー89.2℃、同日本観測基地でー93℃を記録したとアメリカNASAが発表しています。


     

    巨大ピンクのダイヤ、競売に出品?

    • 2015.04.19 Sunday
    • 13:33
    巨大なピンクダイヤモンドは500カラット(約100g)。2015年4月1日、アフリカ・コンゴで発見されました。きっかけは、廃鉱になったダイヤ鉱山近くで現地部族の少女が地上でピカピカしている石を発見、これがなんと巨大なピンクダイヤでしたが、これからがいろんな争い事が絡み合いました。
    有名なカリナンダイヤは「偉大なアフリカの星」として欲望の対象ですが、これに次ぐものと言えましょう。現在の所有者はドイツの宝石会社と噂ですが定かではありません。
    なお、近々ニューヨークのサザビーズ(オークション会社)で競売に出品予定で落札価格は3千万ドル(約36億円)。


    ドイツの某宝石会社所有

    石川五右衛門が釜茹になった大釜

    • 2015.04.19 Sunday
    • 13:40
    石川五右衛門は安土桃山時代に実在した盗賊の頭。京都周辺を荒らし回り恐れられていました。或る強風の吹すさぶ深夜、大胆にも大凧に乗って大阪城に忍び込み、時の権力者秀吉の命を狙ったのか、はたまた千両箱が目当てなのか?。だが、遂に捕らえられてしまう。激怒した秀吉の命令により京都市中を引き回しの上、1子と共に三条河原で生きたまま釜茹(お湯か、油で茹でられたのか諸説あり)の刑に処せられる。
    この時の辞世の句「石川や 浜の真砂は尽くるとも 世に盗人の種は尽きまじ」は有名です。
    ユニークなキャラとど派手な衣装で今なお歌舞伎など芸能面で活躍しています。
    現存する大釜は五右衛門の情念が染み込んだのか500年近く経ても朽ちてはいません。同類の釜が京都周辺に幾つかありますが真偽のほどは定かではありません。

    (個人所蔵)

    たこ(蛸)に骨あり

    • 2015.04.19 Sunday
    • 13:42
    たこには骨が無い、と世界中で昔からそう決めつけられてきました。しかし、れっきとした骨があるのです。
    たこの骨は8本の足(本当は手)の付け根、カラス(口)の周りから放射線状に伸びた足の中心にあります。それが証拠には足の切り身を見れば一目瞭然、、真ん中に小さな○があります。ここに骨が通っているのです。
    写真はカラーX撮影で生きているたこにUSO8という特殊光線を照射すると、くっきりと軟骨(又は透骨)が浮かび上がってきます。でも、たこは死ぬと不思議なことに骨は消滅してしまい、骨のあった位置に○として残っています。その謎は解っていません。くにゃくにゃしたたこは実は大変なパワーがあり、あの硬い甲羅に覆われた伊勢海老などを羽交い締めにして、鋭いカラス口でガリガリ食べてしまいます。 日本蛸学会。
    昔流行った「湖畔の宿」の替え歌「タコ八」は、<きのうの戦でタコの子は 弾にあたって名誉の戦死 タコの遺骨はいつ還る
    骨が無いから還れない タコの母さん哀しかろ>と言う切ない歌がありました。 


    虹を通り抜けたトルコの旅客機

    • 2015.04.23 Thursday
    • 08:59

    トルキーエアラインズはイスタンブールから東京へ向かう途中、インド洋沖上空21000フイート(約7000m)で思わぬハプニングに遭遇しました。順調に飛行中、いきなり前方に雷雲が発生し、幸い落雷も無く通り抜けた。と一息つく間もなく巨大な虹が現れ一気に突入しました。虹は普通グラデーションがかった淡い色ですが、この虹は油絵具をぶちまけたように濃厚であざやか。べっとりと機体に7色が付着したまま東京国際空港に着陸しました。この着色は落にくく、目下塗料大手の関西ペイントで調査中とか。トルキーではこのまま当分の間、この話題を載せながら飛行を続ける案も浮上しているそうです。


    画像:ピカ・ドドーン氏

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << January 2017 >>

    当館は展示、参加できるミュージアムです。

    想像から創作へ、ユニークな作品を展示(無料)しましょう。テーマは自由、作品は写真で受付、簡単な説明を添えて下さい。(※展示出来ない場合はご免なさい) 自信作は販売も可能(億単位の¥も)です。譲渡希望者には斡旋も致します。 傑作・駄作をお待ちしております。

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM